編集の手引き

特別演習室

みんなでwiki更新のタツジンになろう!

画像ランダム表示解説

↓これやこれ

ACSL

1.大前提

pukiwiki(というか一般的なwiki)の各ページは、
【ルールに基づいて記述された文章】を、
システムが読み込んで適切な形で出力したものです。
※編集ボタン押したら出てくるアレ

そこで表示される画像や動画は、【文章内で指定された場所】から引用されています。

2.ページへの画像添付

ですが、それだと画像引用とかクッソ面倒臭いので、ページ自体に画像データを紐づける機能があります。
一点注意として、【ページに画像を添付しただけでは、画像は表示されません】。
【ルールに基づいて記述された文章】で画像の場所を指定する必要があるのです。

※refプラグインを使った画像表示については編集の手引きを確認してください。

3.ランダム表示プラグイン

ランダム表示プラグインは、指定されたページから
【ルールに基づいて記述された文章】を行単位でランダムに読み込む機能です。

つまり、指定したページの【文章】をランダムに自分のページに挿入する機能なのです。

4.画像ランダム表示の注意点

InformationList内の記述を例に取りましょう。

[[&ref(FrontPage/ac.jpg,30%,AC);>ARMORED CORE]]~

ここでは、リンク構文内でrefプラグインを使って【FrontPageに紐づけられたac.jpg】を表示しています。

これがもし、ac.jpgがInformationListに添付された画像であり、

[[&ref(./ac.jpg,30%,AC);>ARMORED CORE]]~

という記述だったらどうなるか?

この場合、【自分のページ(InformationList)に紐づけられたac.jpg】を表示します。

ですが、この【文章】をランダム表示プラグインを使ってMenuBar等の別のページに挿入した場合、
画像が表示されません。なぜなら、【MenuBarページはac.jpgを持っていない】ため、【自分のページ(MenuBar)に紐づけられたac.jpg】を表示できないのです。

5.InformationListページの内容

ぶっちゃけそのページに飛んで編集ボタン押せばわかるのですが、

[[&ref(FrontPage/ac.jpg,30%,AC);>ARMORED CORE]]~
[[&ref(FrontPage/pp.jpg,30%,ACPP);>ARMORED CORE PROJECT PHANTASMA(ACPP)]]~
[[&ref(FrontPage/moa.jpg,30%,ACMOA);>ARMORED CORE MASTER OF ARENA(ACMOA)]]~

のように【一行で完結した構文が並んでいます】。
ランダム表示プラグインが1行単位で読み込むため、【複数行にまたがる構文は挿入先で事故を起こします】。

【ページを表示したときに見えている1行ではなく、編集で出てくる文章の1行であることに注意してください】。

6.さぁ、やってみよう

そしてみなさん、pukiwikiには練習のためのページSandBoxがあるのを思い出しましょう。
試してみて事故ったらDOGEZAしてヨツンヴァイになればいいのですから!