#author("2016-11-09T23:36:11+09:00","","")
#author("2017-09-07T02:57:48+09:00","","")
[[ARMORED CORE for Answer]]
*ACfA/CORE [#u5547405]

#contents

**コア固有性能 [#o524b7c5]
***安定性能 [#rd69dcab]

**中量型 [#ad921iuh]

#comment(noname,nodate)

***GAN02-NSS-C [#o3af5df2]
 GAのマスターピースと呼ばれる、NEW-SUNSHINEの中心パーツ
|~名称    |>|>|>|>|''GAN02-NSS-C''|
|~カテゴリ|>|>|>|>|''中量''|
|~メーカー|>|>|>|>|''GA''|
|~価格    |>|>|>|>|''200000c''|
|>|>|>|>|>||
|~レギュレーション |~1.40(現行)|~1.30|~1.20|~1.10|~1.00|
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~重量             |3135 -|-|3135 ▽|-|3055|
|~消費EN           |2385 -|-|2387 ▲|-|2418|
|~AP               |16695 -|16695 ▲|15895 ▲|-|15784|
|~実弾防御         |3658 -|-|3658 ▽|-|3682|
|~EN防御           |1870 -|-|1870 ▽|-|1880|
|~PA整波性能       |4747:5222 -|-|4747:5222 ▽|-|4848:5478|
|~PA減衰抵抗       |150 -|-|150 ▽|-|158|
|~安定性能         |589:648 -|-|589:648 ▽|-|589:666|
|~機体防御(平均)   |2764 -|-|2764 ▽|-|2781|
-GA中量コア。ごつい胸板が目を引く。
-中量にしてはかなり大きい。メイのように手足を重量にすると外見的にはよりマッチする。
-性能的にも軽い重コアに近いかも。
-SSより軽くはなったが、相変わらずの重量級、AP、実弾特化型。ENやPA周りの弱さは相変わらず。
-APと安定性で特に優れている。
-引き主体で、機体を軽くしたい時にはお勧めされる。
-胸辺りにデカールを張ると正しく表示されないバグがある。

#comment(noname,nodate)

***047AN01 [#o3af5fg2]
 防御力を重視した中量パーツ。安定した性能を発揮する
|~名称    |>|>|>|>|''047AN01''|
|~カテゴリ|>|>|>|>|''中量''|
|~メーカー|>|>|>|>|''BFF''|
|~価格    |>|>|>|>|''300000c''|
|>|>|>|>|>||
|~レギュレーション |~1.40(現行)|~1.30|~1.20|~1.10|~1.00|
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~重量             |2872 -|-|2872 ▽|-|2801|
|~消費EN           |2470 -|-|2470 ▲|-|2596|
|~AP               |14424-|14424 ▲|13624 ▲|-|12352|
|~実弾防御         |3561 -|-|3561 ▲|3548 ▲|3388|
|~EN防御           |1968 -|-|1968 ▽|-|1998|
|~PA整波性能       |5411:5952 -|-|5411:5952 ▲|-|5118:5630|
|~PA減衰抵抗       |182 -|-|182 ▽|-|197|
|~安定性能         |580:638 -|-|580:638 ▽|580:655 ▲|540:610|
|~機体防御(平均)   |2764 -|-|2764 ▽|2773 ▲|2693|
-薄く前後に長いBFFコア。
-GAコアをマイルドにした様な感じ。
-実弾はともかくやはりENは苦手で、GA・アルゼブラコア共々2000を切っている。
-コア全体2位の安定性の高さを活かしたい。1位のエクハコアは防御力が低いので、これが辛いと感じたなら。
-APの低さは軽量並で、それでいて重さもある。スピードで補える四脚と高相性。
-APの低さは軽量並で、それでいて重さもある。スピードで補える四脚以外では使いにくい。

#comment(noname,nodate)

***063AN01 [#o3af5ki8]
 前衛機として開発された、BFFの最新コアパーツ。物理防御が高く、安定した運用が可能となる
|~名称    |>|>|>|>|''063AN01''|
|~カテゴリ|>|>|>|>|''中量''|
|~メーカー|>|>|>|>|''BFF''|
|~価格    |>|>|>|>|''400000c''|
|>|>|>|>|>||
|~レギュレーション |~1.40(現行)|~1.30|~1.20|~1.10|~1.00|
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~重量             |2921 -|-|2921 ▲|-|2928|
|~消費EN           |2455 -|-|2455 ▲|-|2621|
|~AP               |15066 -|15066 ▲|14266 ▲|-|13039|
|~実弾防御         |3415 -|-|3415 ▽|3422 ▲|3240|
|~EN防御           |2186 -|-|2186 ▽|-|2233|
|~PA整波性能       |5646:6211 -|-|5646:6211 ▲|-|5387:5926|
|~PA減衰抵抗       |171 -|-|171 ▽|-|187|
|~安定性能         |546:601 -|-|546:601 ▽|546:617 ▲|516:583|
|~機体防御(平均)   |2800 -|-|2800 ▽|2827 ▲|2736|
-起伏の少ないスマートな形状の新BFFコア。パイロットの所為か少々女性的なシルエットにも見える。
-スラリとした見た目に反してその重さはNSSに次ぐ。
-相変わらずの実弾重視の防御傾向。しかし047コアよりAPとEN防御は強化されている。
-単純に性能分だけ負荷の増した047コアと見て構わない。
-後期レギュでのレザの強化により少々不遇気味の性能。
-正直ここまで重量を裂くのならNSS積んだ方が良いと思う。APが後1000高かったら・・・。

#comment(noname,nodate)

***C01-TELLUS [#ki87h9b2]
 消費EN低減型の重量パーツ。特にEN防御に優れる
|~名称    |>|>|>|>|''C01-TELLUS''|
|~カテゴリ|>|>|>|>|''中量''|
|~メーカー|>|>|>|>|''インテリオル''|
|~価格    |>|>|>|>|''160000c''|
|>|>|>|>|>||
|~レギュレーション |~1.40(現行)|~1.30|~1.20|~1.10|~1.00|
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~重量             |3364 -|-|3364 ▽|-|3183|
|~消費EN           |2150 -|-|2150 ▽|-|2036|
|~AP               |16720 -|16720 ▲|15920 ▲|-|14411|
|~実弾防御         |3222 -|-|3222 ▲|-|2651|
|~EN防御           |3572 -|-|3572 ▲|-|***5|
|~PA整波性能       |4631:5094 -|-|4631:5094 ▽|-|4848:5333|
|~PA減衰抵抗       |173 -|-|173 ▲|-|167|
|~安定性能         |491:540 -|-|491:540 ▽|-|491:555|
|~機体防御(平均)   |3397 -|-|3397 ▲|-|3088|
-歯茎コア。
-4では重量コアだった。そのためか中量にしては重く、軽めの重量コアに近い存在。
-EN負荷が低く、EN防御はぶっちぎりの高さ。反面実弾に弱く、整波性能はどん底の最低値。
-1.20以降では、重量コアに近いだけあって実弾防御は全く致命的な低さという訳ではない。何ならローゼンコアより高い。
-APもNSSに次ぐ高さとなっている。PAさえどうにかすれば重さなりのタフさを発揮してくれる。
-重量はあるがそれに見合う以上の性能を誇る。重めの中二を組むなら是非積みたいパーツ。
-致命的な程では無いが、安定は不安が残る。頭部は安定性を第一に考えよう。
-テルスの癖にそこまで低消費でない、コレでE武器を使用しても超絶有利にはならない事に注意。

#comment(noname,nodate)

***CR-HOGIRE [#jhy759b2]
 高い水準でバランスのとれた、万能型の中量パーツ
|~名称    |>|>|>|>|''CR-HOGIRE''|
|~カテゴリ|>|>|>|>|''中量''|
|~メーカー|>|>|>|>|''ローゼンタール''|
|~価格    |>|>|>|>|''240000c''|
|>|>|>|>|>||
|~レギュレーション |~1.40(現行)|~1.30|~1.20|~1.10|~1.00|
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~重量             |2612 -|-|2612 ▽|-|2546|
|~消費EN           |2670 -|-|2670 ▽|-|2545|
|~AP               |14976 -|14976 ▲|14176 ▲|-|13725|
|~実弾防御         |2894 -|-|2894 ▽|-|2946|
|~EN防御           |2487 -|-|2487 ▲|-|2468|
|~PA整波性能       |5731:6304 -|-|5731:6304 ▲|-|5***:5926|
|~PA減衰抵抗       |199 -|-|199 ▲|-|197|
|~安定性能         |516:568 -|-|516:568 ▽|-|516:583|
|~機体防御(平均)   |2690 -|-|2690 ▽|-|2707|
-装飾の多い箱という感じなローゼンコア。
-やはりというか何というか、中間的な性能。
-全体的に高価なオーギルフレームの中では比較的安価。かつてのオーメル標準機のコアだったためか。
-突出した点がなく、高バランスで優秀なコア。
-063コアとは重量互換。比較的軽く、実防を削ってEN防御とPAに回した感じに。
-何気に燃費が悪い。LANCELもだが、少しEN周りに気を配ってアセンをしよう。

#comment(noname,nodate)

***CR-LANCEL [#o3afhjy7]
 HOGIREの流れを汲む、新標準機のコアパーツ。旧型から軽量化が図られている
|~名称    |>|>|>|>|''CR-LANCEL''|
|~カテゴリ|>|>|>|>|''中量''|
|~メーカー|>|>|>|>|''ローゼンタール''|
|~価格    |>|>|>|>|''120000c''|
|>|>|>|>|>||
|~レギュレーション |~1.40(現行)|~1.30|~1.20|~1.10|~1.00|
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~重量             |2341 -|-|2341 ▲|-|2419|
|~消費EN           |2615 -|-|2615 ▲|-|2621|
|~AP               |14288 -|14288 ▲|13488 ▲|-|13039|
|~実弾防御         |2769 -|-|2769 ▽|-|2799|
|~EN防御           |2687 -|-|2687 ▲|-|2468|
|~PA整波性能       |5962:6558 -|-|5962:6558 ▲|-|5656:6222|
|~PA減衰抵抗       |210 -|-|210 ▲|-|207|
|~安定性能         |491:540 -|-|491:540 ▽|-|491:555|
|~機体防御(平均)   |2728 -|-|2728 ▲|-|2633|
-前後に長く、胸の中央が大きく突き出ているというACらしい胴体。
-前部にずらっと並ぶフィンはPA整波装置。デバイスカラーで色が変化するため、少々目立つ。
-説明文の通り、負荷が下がり、実防と引き換えにEN防御とPAが強化された。
-EN防御がかなり高く、インテリオルコアに匹敵するものがある。
-軽さとEN寄りのバランスを求めるならこれ。
-こちらも防御周りは中々優秀なパーツ。
-設定画ではすっきりとしてマッシブなイメージを受けるが、ゲーム内では少々箱っぽくなってしまっている。

#comment(noname,nodate)

***EKHAZAR-CORE [#ja7584ug]
 アルゼブラの新標準機を構成する、中量パーツ。三次元戦闘が想定されている
|~名称    |>|>|>|>|''EKHAZAR-CORE''|
|~カテゴリ|>|>|>|>|''中量''|
|~メーカー|>|>|>|>|''アルゼブラ''|
|~価格    |>|>|>|>|''120000c''|
|>|>|>|>|>||
|~レギュレーション |~1.40(現行)|~1.30|~1.20|~1.10|~1.00|
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~重量             |2272 -|-|2272 ▲|-|2291|
|~消費EN           |2324 -|-|2324 ▽|-|2291|
|~AP               |15986 -|15986 ▲|15186 ▲|-|15097|
|~実弾防御         |2677 -|-|2677 ▽|-|2799|
|~EN防御           |1938 -|-|1938 ▽|-|1998|
|~PA整波性能       |4963:5459 -|-|4963:5459 ▽|-|5118:5783|
|~PA減衰抵抗       |169 -|-|169 ▽|-|177|
|~安定性能         |638:702 -|-|638:702 ▽|-|638:721|
|~機体防御(平均)   |2307 -|-|2307 ▽|-|2398|
-縦に三分割された様な、もしくは輪っかが3つ並んだ様な曲線的コア。
-軽さの割にAPが高く、安定性は全コアでも最高。
-防御力は低く、特にEN防御はワースト2位。
-軽さと安定性で狙撃しつつ逃げるか、逆に突っ込むか。
-安定性の高さから、中二でスナなどの反動武器を使う時に。
-安定性の高さから、中二でスナキャ等の反動武器を使う時に。
-肩が大きく盛り上がっている。頭が埋まる感じになる事をビジュアル的にどう捉えるか。
-防御面で見るとランセルに劣っている感じが否めない。これを選ぶなら安定性かビジュアルが目的の時に。
- またランセルとの消費EN差約300弱は地味にデカく、機動面に影響する。軽量な面も踏まえ、少しでも素早く動きたい時はランセルよりこちら。
-EN兵器とは絶対にぶつからない事。近距離戦に持ち込んでPAを剥ぎ合い、此方の得意分野に引きずり込め。

#comment(noname,nodate)

***03-AALIYAH/C [#hj781ing]
 高速機動戦を意識。PAに特化した先鋭的コアパーツ
|~名称    |>|>|>|>|''03-AALIYAH/C''|
|~カテゴリ|>|>|>|>|''中量''|
|~メーカー|>|>|>|>|''レイレナード''|
|~価格    |>|>|>|>|''500000c''|
|>|>|>|>|>||
|~レギュレーション |~1.40(現行)|~1.30|~1.20|~1.10|~1.00|
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~重量             |2282 -|-|2282 ▽|-|2164|
|~消費EN           |2940 -|-|2940 ▽|-|2774|
|~AP               |13208 -|13208 ▲|12408 ▲|-|12352|
|~実弾防御         |2573 -|-|2573 ▽|-|2651|
|~EN防御           |2312 -|-|2312 ▲|-|2115|
|~PA整波性能       |6051:6656 -|-|6051:6656 ▽|-|6195:6815|
|~PA減衰抵抗       |221 -|-|221 ▽|-|227|
|~安定性能         |466:513 -|-|466:513 ▽|-|466:527|
|~機体防御(平均)   |2442 -|-|2442 ▲|-|2***|
-そのF1カーのようなデザインで多くのリンクスを魅了するビジュアル系コア。薄いため、あまり大きい手足とは似合わない。
-軽いが消費ENはぶっちぎりで全コアでも最悪。
-PAが厚く、EN防御もGAやBFFよりはある方。
-しかし、とにかく燃費が悪い事が足を引っ張る。
-WGコアとはほぼ同じ重量ながら、燃費や防御性能の多くで負けている。
--肩武装が積め、エクハよりは硬く、空力適正からラトナより速い。これらの点を十分活かせるなら。
-なまじ素敵性能が高いだけにどうにか使いたい所ではあるが、アリーヤフレームの中でも特に上級者向けな感は否めない。
-中量コアでは無く軽量コアの一種として考えよう。そうすれば自ずとコレの立場も分かる筈。ホワグリも同種の存在。

#comment(noname,nodate)

***WHITE-GLINT/CORE [#hj8259b2]
 天才アーキテクトの手になる独立パーツ。OB時、飛行形態に変形する
|~名称    |>|>|>|>|''WHITE-GLINT/CORE''|
|~カテゴリ|>|>|>|>|''中量''|
|~メーカー|>|>|>|>|''ラインアーク''|
|~価格    |>|>|>|>|''700000c''|
|>|>|>|>|>||
|~レギュレーション |~1.40(現行)|~1.30|~1.20|~1.10|~1.00|
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~重量             |2229 -|-|2229 ▲|-|2291|
|~消費EN           |2357 -|-|2357 ▲|-|2672|
|~AP               |14601 -|14601 ▲|13801 ▲|-|12078|
|~実弾防御         |3194 -|-|3194 ▲|-|2946|
|~EN防御           |2463 -|-|2463 ▲|-|2350|
|~PA整波性能       |6006:6607 -|-|6006:6607 ▲|-|5926:6519|
|~PA減衰抵抗       |187 -|-|187 ▲|-|167|
|~安定性能         |515:567 -|-|515:567 ▲|-|442:499|
|~機体防御(平均)   |2828 -|-|2828 ▲|-|2648|
-高い基本性能と、何より絶大な素敵性能を誇るコア。
-肩装備が不可能になる他、OIGAMIも装備できない。どうせならWG腕と一緒に。
-OBを使用すると背部ユニットがスライドしてブースターが一列に並び、カバー一つ一つが開き14個のブースターが展開する。更に下部の二基のブースターも開く。
-噴射炎はX字に見える。展開から使用中まで素敵性能の結晶である。
-初期レギュでは大して強くはなかったが、1.20以降大きく改善される。
-軽さの割に実弾防御は3200近く、ある程度のEN防御も備え、おまけにPA性能も高い。
-肩装備ができなくなるという欠点を補い得る高性能コア。
-中二よりも連動ミサイルやフレアの搭載率が低い軽二向け。重量もまずまず許容範囲だろう

#comment(noname,nodate)

**軽量型 [#ijhy8765]

#comment(noname,nodate)

***C11-LATONA [#jh75bgf5]
 TELLUSのコンセプトを引継いだ軽量パーツ。インテリオルの最新鋭機体を構成する
|~名称    |>|>|>|>|''C11-LATONA''|
|~カテゴリ|>|>|>|>|''軽量''|
|~メーカー|>|>|>|>|''インテリオル''|
|~価格    |>|>|>|>|''400000c''|
|>|>|>|>|>||
|~レギュレーション |~1.40(現行)|~1.30|~1.20|~1.10|~1.00|
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~重量             |2143 -|-|2143 ▽|-|1935|
|~消費EN           |1993 -|-|1993 ▲|-|2081|
|~AP               |13354 -|-|13354 ▲|-|13217|
|~実弾防御         |1759 -|-|1759 ▽|-|1773|
|~EN防御           |3039 -|-|3039 ▽|-|3056|
|~PA整波性能       |5863:6449 -|-|5863:6449 ▲|-|5398:5938|
|~PA減衰抵抗       |159 -|-|159 ▲|-|151|
|~安定性能         |464:510 -|-|464:510 ▽|-|464:524|
|~機体防御(平均)   |2399 -|-|2399 ▽|-|2414|
-痩せたテルスといった感じのコア。
-軽量コアとしては少々重いがEN負荷は最も軽く、EN防御も、またテルスとは異なりPA性能も優秀。
-APも高めであるため、割と扱いやすい軽量コア。
-空力適正の問題で、軽さの割にあまりスピードが出ない。
-最大かもしれない特徴は、コア背面下部のスタビが、コア上部に上向きに設置されるという点。
-上手く使えば非常に派手、或は個性的なACをデザインできる。
--上手く使えば非常に派手、或は個性的なACをデザインできる。
-絶対にPAを剥がされてはいけない。余剰ENをE武器のグレードアップに回すよりも、後退に回した方が良いかもしれないぐらい。上手くE武器の撃ち合いに持ち込もう。

#comment(noname,nodate)

***CR-LAHIRE [#kaih67gh]
 旧レイレナードの技術、思想を積極的に取り込んだ、オーメルの最新パーツ。空力特性に優れる
|~名称    |>|>|>|>|''CR-LAHIRE''|
|~カテゴリ|>|>|>|>|''軽量''|
|~メーカー|>|>|>|>|''オーメル''|
|~価格    |>|>|>|>|''500000c''|
|>|>|>|>|>||
|~レギュレーション |~1.40(現行)|~1.30|~1.20|~1.10|~1.00|
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~重量             |1851 -|-|1851 ▽|-|1671|
|~消費EN           |2596 -|-|2596 ▲|-|2653|
|~AP               |12506 -|-|12506 ▲|-|12037|
|~実弾防御         |1815 -|-|1815 ▽|-|1871|
|~EN防御           |2133 -|-|2133 ▽|-|2151|
|~PA整波性能       |6376:7014 -|-|6376:7014 ▲|-|6154:6462|
|~PA減衰抵抗       |215 -|-|215 ▲|-|208|
|~安定性能         |464:510 -|-|464:510 ▽|-|464:524|
|~機体防御(平均)   |1974 -|-|1974 ▽|-|2011|
-アリーヤがF1コアならこちらは戦闘機コア。露出しているOBノズルは戦闘機のアフターバーナーを思わせる。
-腰が細く、またかなり胴が長く、そして肩の位置は高い。ちょっと異形っぽくなる。
--特に重脚と組み合わせるとヘンテコ極まる。一度はトーラス脚と合わせてみよう。
-性能的にも物理的にもアリーヤをより尖らせた様なパーツ。軽さと機動力とPAを重視し、弱点はEN負荷という点も同様。
-ソブレロより軽く、コア全体1位の軽さ。
-空力適正のお蔭でかなりスピードが出る。PAも優秀であるため、軽量機コアの筆頭。
-コアがこれだと腕もライールにしたくなる。そう思うだろ? あんたも。

#comment(noname,nodate)

***SOLUH-CORE [#a1hyju75]
 近距離機動戦を想定した軽量パーツ。旧型だが、アルゼブラのフレームは総じて評価が高い

|~名称    |>|>|>|>|''SOLUH-CORE''|
|~カテゴリ|>|>|>|>|''軽量''|
|~メーカー|>|>|>|>|''アルゼブラ''|
|~価格    |>|>|>|>|''120000c''|
|>|>|>|>|>||
|~レギュレーション |~1.40(現行)|~1.30|~1.20|~1.10|~1.00|
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~重量             |2068 -|-|2068 ▽|-|1759|
|~消費EN           |2230 -|-|2230 ▲|-|2341|
|~AP               |13560 -|-|13560 ▽|-|14043|
|~実弾防御         |2009 -|-|2009 ▽|-|2167|
|~EN防御           |1574 -|-|1574 ▽|-|1585|
|~PA整波性能       |5691:6260 -|-|5691:6260 ▲|-|5128:5795|
|~PA減衰抵抗       |196 -|-|196 ▲|-|189|
|~安定性能         |634:697 -|-|634:697 ▽|-|634:716|
|~機体防御(平均)   |1791 -|-|1791 ▽|-|1876|
-小型でスッキリしたビジュアルのコア。再現機パーツとしての需要は高い。
-軽量かつ低負荷。アルゼブラらしい高APも備えているが、何しろ脆い。
-EN防御は全コア最低、PAもGA、BFF勢よりはマシ程度という薄さ。
-このコアの最大の魅力は安定性の高さ。軽量機で、特に衝撃や反動の対策を重視したい時に。
-イケメンなビジュアルに惹かれたら一度は積んでみよう。世界が変わるかもしれない。
-優秀なデザインではあるが他の軽二コアが奇抜すぎるだけな気がしないでもない。
-EKHAZARの様に使ったら死ぬ。やはり、速さと安定を両立させたい時に使う。と言うかソレ以外で使わないべき。
-どの攻撃を食らっても死に、かと言って避けきれる速さもない。裏取り・闇討ち・トップアタック、色んな事をして色んな時に高火力をぶつけてやれ。

#comment(noname,nodate)

***XCR-SOBRERO [#aht6j18g]
 空力特性のみを考えた、異形のコアパーツ。アスピナの実験機、SOBREROを構成する
|~名称    |>|>|>|>|''XCR-SOBRERO''|
|~カテゴリ|>|>|>|>|''軽量''|
|~メーカー|>|>|>|>|''アスピナ''|
|~価格    |>|>|>|>|''600000c''|
|>|>|>|>|>||
|~レギュレーション |~1.40(現行)|~1.30|~1.20|~1.10|~1.00|
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~重量             |2015 -|-|2015 ▲|-|2111|
|~消費EN           |2683 -|-|2683 ▲|-|2939|
|~AP               |10997 -|-|10997 ▲|-|8261|
|~実弾防御         |1399 -|-|1399 ▲|-|1379|
|~EN防御           |2712 -|-|2712 ▲|-|2490|
|~PA整波性能       |6897:7587 -|-|6897:7587 ▲|-|6369:6687|
|~PA減衰抵抗       |227 -|-|227 ▲|-|218|
|~安定性能         |390:429 -|-|390:429 ▽|-|390:441|
|~機体防御(平均)   |2055 -|-|2055 ▲|-|1934|
-見た目は「T」。冗談でも何でもなく、本当にTの字としか形容しようがない衝撃的デザイン。
-一体どこに何がどのように収まっているのか不思議でならない変態コア。
-よく見るとMBが4基ある。速さは空力適正のお蔭だけではない様だ。
-実際の戦闘はもとより、ビジュアル的にも扱いが困難。
-これを採用してイケメン機体を組める人は是非とも画像を投稿してください。あなたが神です。
-勿論と言うか何というか、AP、実弾防御、安定性は何れも全コア中最悪。代わりにEN防御は割と高く、整波性能は最高。
--数値だけならSOBREROと言うよりはLINSTANTと呼んだ方が的を射ているパーツ。
-速さに振り回されず、敵機を翻弄しつつ敵弾を悉く避けられる腕があるなら装備を検討できる。
-OBは脇腹に4基。腰折れるんじゃねーの・・・?

#comment(noname,nodate)

**重量型 [#hjg7nb34]

#comment(noname,nodate)

***GAN01-SS-C [#jh764gb1]
 堅牢な重装甲パーツ。実弾防御の高さに定評がある
|~名称    |>|>|>|>|''GAN01-SS-C''|
|~カテゴリ|>|>|>|>|''重量''|
|~メーカー|>|>|>|>|''GA''|
|~価格    |>|>|>|>|''200000c''|
|>|>|>|>|>||
|~レギュレーション |~1.40(現行)|~1.30|~1.20|~1.10|~1.00|
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~重量             |3577 -|-|3577 ▽|-|3527|
|~消費EN           |2380 -|-|2380 ▲|-|2394|
|~AP               |17732 ▲|-|17232 ▽|-|19977|
|~実弾防御         |3815 -|-|3815 ▽|-|4311|
|~EN防御           |2031 -|-|2031 ▽|-|2271|
|~PA整波性能       |4764:5240 -|-|4764:5240 ▲|-|4586:5182|
|~PA減衰抵抗       |169 -|-|169 ▼|-|206|
|~安定性能         |494:543 -|-|494:543 ▽|-|494:558|
|~機体防御(平均)   |2923 -|-|2923 ▽|-|3291|
-ワゴン、或は水陸両用車の様な重コア。
-他の追随を許さない圧倒的なAPと実弾防御。代わりにEN防御とPAは貧弱。
-NSSと比べると、重さに対して防御性能の伸びが少々悪く、あえてこちらを採用するメリットが小さいという評価が正直なところ。
-これを対戦で採用するならAP勝ち狙いも視野に入る。
-安定がだだ下がりしているのが気になるが、全てのパラがNSSよりも向上しているのは非常に良い。
-比較先はNSSでもARGYROSでもない、テルスだ。あとSOLDNERも。

#comment(noname,nodate)

***SOLDNER-G8C [#hj71y543]
 量産を想定された、アルドラ初のオリジナルフレーム。極めて重厚なコアパーツ
|~名称    |>|>|>|>|''SOLDNER-G8C''|
|~カテゴリ|>|>|>|>|''重量''|
|~メーカー|>|>|>|>|''アルドラ''|
|~価格    |>|>|>|>|''160000c''|
|>|>|>|>|>||
|~レギュレーション |~1.40(現行)|~1.30|~1.20|~1.10|~1.00|
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~重量             |3655 -|-|3655 ▽|-|3598|
|~消費EN           |2418 ▲|-|2518 ▽|-|2155|
|~AP               |16150 -|-|16150 ▲|-|14983|
|~実弾防御         |3654 -|-|3654 ▽|-|3919|
|~EN防御           |2711 -|-|2711 ▲|-|2555|
|~PA整波性能       |6575:7233 -|-|6575:7233 ▲|-|4840:5324|
|~PA減衰抵抗       |230 -|-|230 ▲|-|216|
|~安定性能         |519:571 -|-|519:571 ▽|-|519:586|
|~機体防御(平均)   |3182 -|-|3182 ▽|-|3237|
-前方に突き出た3つのブロックが特徴的。
-完結に言えば、軽いアルギュロス。しかしながら大した差ではないため、アルギュロスに食われている印象が強い。
-整波性能はアルギュロスより高い。
-アルギュロスより安定性が、GAコアよりPAが欲しいという時に。
-OBを使用すると、開いたハッチからウジャウジャとブースターが展開され、非常に気色悪い。
- 前方に突き出た3つのブロックが特徴的。
- 簡潔に言えば、軽いアルギュロス。しかしながら大した差ではないため、アルギュロスに食われている印象が強い。
- 整波性能はアルギュロスより高い。
- 価格はアルギュロスに圧勝。GAコアより安いのでミッション向き。
- アルギュロスより安定性が、GAコアよりPAが欲しいという時に。
- OBを使用すると、開いたハッチからウジャウジャとブースターが展開され、非常に気色悪い。
- C11-LATONAと同じく、コア背面下部のスタビがコア上部に上向きに設置されるという特徴がある。

#comment(noname,nodate)

***ARGYROS/C [#o3afh6g3]
 トーラスの試作フレーム。巨大兵器ソルディオスのコジマ技術が転用されている
|~名称    |>|>|>|>|''ARGYROS/C''|
|~カテゴリ|>|>|>|>|''重量''|
|~メーカー|>|>|>|>|''トーラス''|
|~価格    |>|>|>|>|''500000c''|
|>|>|>|>|>||
|~レギュレーション |~1.40(現行)|~1.30|~1.20|~1.10|~1.00|
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~重量             |3668 -|-|-|-|3668|
|~消費EN           |2538 -|-|-|-|2538|
|~AP               |16647 -|-|-|-|16647|
|~実弾防御         |3785 ▽|-|-|3855 ▽|4115|
|~EN防御           |2981 -|-|-|-|2981|
|~PA整波性能       |6369:7006 -|-|6369:7006 ▽|-|6369:7070|
|~PA減衰抵抗       |237 -|-|-|-|237|
|~安定性能         |420:462 -|-|420:462 ▽|-|420:475|
|~機体防御(平均)   |3383 ▽|-|-|3418 ▽|3548|
-ゴツくてデカいトーラスマンボディ。
-大小のボールが2つ。いかにもトーラスが好きそうなデザインである。
-重い、デカい、硬いと三拍子揃ったコア。
-素の装甲の硬さに加えPAも強力であるため、全コア中最も頑丈。
-重さはともかく消費ENは割と常識的。高い方ではあるが、ローゼンコアよりは低い。
-安定性は非常に低い。衝撃武器を喰らうと致命的。
-安定性は非常に低く、SOBREROが近しいレベル。衝撃武器を喰らうと致命的。
-OBを起動すると前方の球体がくりくり動き、後部の球体がグルッと動きOB噴射口が露出、そして''大量のコジマ粒子を噴射しながら''前進する。
-セレンさんが見たら憤死しそうな仕様。トーラスの変態性全開である。
--セレンさんが見たら憤死しそうな仕様。トーラスの変態性全開である。
-頑丈な防御性能ではあるが安定が低いので普通のタンクに積むのは憚られる。タンクに積むならばいっそ上半身アルギュロスで追加整波装置やコジマタンクも搭載してしまおう!
- 重いが空力性能が高いため重コアの中では最速、重量機では安定性さえ許容できるなら積極的に採用したい
- 四脚に搭載して不安な安定性を機動性で補う、という手もある。多少の被弾を物ともしない上に速いとなれば、相対する側からすれば鬱陶しいことこの上ない

#comment(noname,nodate)

**全コア 性能比較表 [#d07a0e78]
|~名称|~種類|~価格|~重量|~消費EN|~AP|~実防|~EN防|~整波|~減衰|~安定|~平均|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>||
||RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~GAN02-NSS-C|中量|200000c|3135|2385|16695|3658|1870|4747:5222|COLOR(#FF0000):150|589:648|2764|
|~047AN01|中量|300000c|2872|2470|14424|3561|1968|5411:5952|182|580:638|2764|
|~063AN01|中量|400000c|2921|2455|15066|3415|2186|5646:6211|171|546:601|2800|
|~C01-TELLUS|中量|160000c|3364|2150|16720|3222|COLOR(#0000FF):3572|COLOR(#FF0000):4631:5094|173|491:540|3397|
|~CR-HOGIRE|中量|240000c|2612|2670|14976|2894|2487|5731:6304|199|516:568|2690|
|~CR-LANCEL|中量|COLOR(#0000FF):120000c|2341|2615|14288|2769|2687|5962:6558|210|491:540|2728|
|~EKHAZAR-CORE|中量|COLOR(#0000FF):120000c|2272|2324|15986|2677|1938|4963:5459|169|COLOR(#0000FF):638:702|2307|
|~03-AALIYAH/C|中量|500000c|2282|COLOR(#FF0000):2940|13208|2573|2312|6051:6656|221|466:513|2442|
|~WHITE-GLINT/CORE|中量|COLOR(#FF0000):700000c|2229|2357|14601|3194|2463|6006:6607|187|515:567|2828|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>||
|~C11-LATONA|軽量|400000c|2143|COLOR(#0000FF):1993|13354|1759|3039|5863:6449|159|464:510|2399|
|~CR-LAHIRE|軽量|500000c|COLOR(#0000FF):1851|2596|12506|1815|2133|6376:7014|215|464:510|1974|
|~SOLUH-CORE|軽量|COLOR(#0000FF):120000c|2068|2230|13560|2009|COLOR(#FF0000):1574|5691:6260|196|634:697|COLOR(#FF0000):1791|
|~XCR-SOBRERO|軽量|600000c|2015|2683|COLOR(#FF0000):10997|COLOR(#FF0000):1399|2712|COLOR(#0000FF):6897:7587|227|COLOR(#FF0000):390:429|2055|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>||
|~GAN01-SS-C|重量|200000c|3577|2380|COLOR(#0000FF):17732|COLOR(#0000FF):3815|2031|4764:5240|169|494:543|2923|
|~SOLDNER-G8C|重量|160000c|3655|2418|16150|3654|2711|6575:7233|230|519:571|3182|
|~ARGYROS/C|重量|500000c|COLOR(#FF0000):3668|2538|16647|3785|2981|6369:7006|COLOR(#0000FF):237|420:462|COLOR(#0000FF):3383|