#author("2017-06-17T12:57:10+09:00","","")
ようこそ、新たなるレイヴン。参戦を祝おう。~
#author("2019-01-11T08:19:39+09:00","","")
//入力文章中の改行を改行とみなすプラグイン
#setlinebreak
//ここまでは出力されませんので以下から編集を開始してください

ようこそ、新たなるレイヴン。参戦を祝おう。
そして、お久しぶりレイヴン。帰還を歓迎する。

既にプレイステーションがレトロゲーム扱いされるようになって久しい。~
既にプレイステーションがレトロゲーム扱いされるようになって久しい。
このページでは中古店やゲームアーカイブスを巡り、このレトロゲームに触れようと思った雛鳥たちを見据えた解説を行いたい。

順次解説を追加していく。

----
#contents
----
*各種講座 [#ea0d229f]
-[[基本操縦マニュアル>アーマード・コア シリーズ/AC若葉講座 PS・PS2タイトル編/AC基本操作 PS・PS2編]]:中古購入して説明書が無い人向けの基本操作解説
-[[操縦テクニック講座>アーマード・コア シリーズ/AC若葉講座 PS・PS2タイトル編/AC操縦テクニック PS・PS2編]]:ミッションから対戦まで使える操作テク
-[[アセンブルについて>アーマード・コア シリーズ/AC若葉講座 PS・PS2タイトル編/ACアセンブルガイド PS・PS2編]]:機体構築のガイド
-[[フォーミュラフロント指南>アーマード・コア シリーズ/AC若葉講座 PS・PS2タイトル編/フォーミュラフロント指南]]:「知性の戦場」、フォーミュラフロントについて
-[[武装カタログ>アーマード・コア シリーズ/AC若葉講座 PS・PS2タイトル編/AC装備ガイド PS・PS2編]]:武装カテゴリごとの使い方

*エントリーガイド [#z423661c]
PS・PS2作品ビギナーに遊び方の指針的な物を伝えたい。

**まず、どれを選ぶ? [#j263b0d6]
ACシリーズは基本的に、ナンバリングタイトルごとに世界観とシステムが変更されるという形態をとっている。~
一つのナンバリングタイトルが出ると、以降しばらくそのナンバリングを基幹とした続編がリリースされ、系列が作られていく。~
長く自然にACライフを楽しむには、このナンバリングタイトルの基幹作品から初めての作品を選ぶのがよいだろう。~
基幹作品は(比較的)難易度が抑えられている。一方で系列作品は前作をプレイした人向けに、少し難しく設定されているためだ。~
ACシリーズは基本的に、ナンバリングタイトルごとに世界観とシステムが変更されるという形態をとっている。
一つのナンバリングタイトルが出ると、以降しばらくそのナンバリングを基幹とした続編がリリースされ、系列が作られていく。
長く自然にACライフを楽しむには、このナンバリングタイトルの基幹作品から初めての作品を選ぶのがよいだろう。
基幹作品は(比較的)難易度が抑えられている。一方で系列作品は前作をプレイした人向けに、少し難しく設定されているためだ。
ストーリーを楽しむ意味でもオススメ。

-''[[ARMORED CORE]]:「初代」''
--対応ハードは初代PS。PS3・PSVitaのゲームアーカイブスで購入も可能。
--対応ハードは初代PS。PS3・PSVitaのゲームアーカイブスでも購入可能。限定販売のPSクラシックにも収録。
--デフォルトではアナログスティックが使えない。アーカイブスであればコントローラ設定でスティックにキー配置が出来る。
--基本システムは全てこの作品で完成されている。ある意味では最も「ACらしい」作品。
-''ARMORED CORE 2:「2」''
--対応ハードはPS2。初代から40数年後の火星が舞台だが、ストーリーに繋がりはない。
-''[[ARMORED CORE 2]]:「2」''
--対応ハードはPS2。ダウンロード販売は無し。初代から40数年後の火星が舞台だが、ストーリーに繋がりはない。
--パーツバランスの粗が大きいが、ストーリーやミッションは分かりやすく、一人プレイの評価は高い。ゲームスピードが控えめで初心者も馴染みやすい。
--やはりアナログスティックは使用できない。
-''ARMORED CORE 3:「3」''
-''[[ARMORED CORE 3>アーマード・コア3(AC3)]]:「3」''
--対応ハードはPS2・PSP。ダウンロード販売は無し。従来の作品から世界観を一新した。
--PSPでは単純にボタンが足りず、ただでさえ複雑な操作が更に難しくなるが、移植度自体はほぼ完璧に近い。グラフィック品質ではどうしてもPS2に劣るのはやむを得ない。
--ほぼ完成されたグラフィックと改善されたユーザーインターフェイス。対戦バランスもそこまで悪くない。初代へのセルフオマージュが多数込められたストーリーは評価が高い。
-''ARMORED CORE NEXUS:「NX」''
--対応ハードはPS2。一応は『3』から地続きではあるが、ほぼパラレルと言っても差し支えない。
-''[[ARMORED CORE NEXUS>アーマード・コア ネクサス(ACNX)]]:「NX」''
--対応ハードはPS2。ダウンロード販売は無し。一応『3』の続き物だが、実質的にはパラレルと言っても差し支えない。
--ディスク2枚組の大ボリューム。一方で熱管理・複雑な分岐のミッション・特殊なアリーナと少々とっつきにくい要素が揃っている。
--ここから始めればACネタで絶大な人気を誇る「ラストレイヴン」に対応しやすいだろう。

特に『2』と『3』が初心者に勧められやすい。特にこだわりが無く、プレイ環境が確保できているならここから始めるのがオススメ。~
『N系』は癖が強く、また難易度も高め。先にリンクスとなったユーザーならば操作になじみやすいが、初心者にとってはやや難しいか。
現状で一番遊びやすいのはアーカイブス購入できる『初代系』の3部作だろう。こちらもグラフィック品質を除けば現在のシリーズと何ら変わりない面白さが待っている。~
-''番外・[[ARMORED CORE FORMULA FRONT>アーマード・コア フォーミュラフロント(ACFF)]]:「ACFF」''
--対応ハードはPS2・PSP。PSP版はアッパーバージョンである「インターナショナル」のみダウンロード販売中。
--''「ACバトルをプロスポーツとして描いている」明るい世界観''が最大の特徴。プレイヤーは血なまぐさいレイヴンではなく、「アーキテクト」と呼ばれるチームの監督的存在になる。多彩なメールやニュース、イベントを通じて平和的な催しで活気づく世界は「ACってこんな感じなんだ」と初心者を錯覚させ、他のACをプレイした者には「何でこんなに企業の仲がいいんだ?」と疑いをもたれてしまうほど。それだけ他のACは血なまぐさい世界である。
--基本的に''プレイヤーは直接ACを操作せず、AIに任せる''。プレイヤーはAI搭載型AC(u-AC。Unmanned AC)のアセンブリとAIのセッティングを行い、いかなる戦法を採るかを設定する。PS2版はテストモード限定、PSP版はインターナショナル版限定で自身が構築したu-ACを操作できる。
--今でも非公式大会が開催されている。腕に自身があるならば高みを目指して参加するのも良いだろう。

特に『2』と『3』が初心者に勧められやすい。特にこだわりが無く、プレイ環境が確保できているならここから始めるのがオススメ。
『N系』は癖が強く、また難易度も高め。先にリンクスとなったユーザーならば操作になじみやすいが、やや難しいか。
現状で一番遊びやすいのはアーカイブス購入できる『初代系』の3部作。グラフィック品質を除けば現在のシリーズと何ら変わりない面白さが待っている。背面タッチパッドが辛いVitaでもキー配置を工夫すれば大分遊びやすくなるので是非。
DL版が配信されている「ACFFインターナショナル」も入手難易度的に遊びやすい。もっともアセンブルの仕様をあらかじめ理解していないと挫折する可能性があるので、出来ればN系の作品を遊んでからの方がいい。~

***データコンバートについて [#s6eae540]
基幹作品のプレイデータは、後発の系列作品へコンバート(移動)できる。
|系列作品|引き継ぎ可能なもの|
|初代→PP→MoA|所持パーツ、強化手術、エンブレムデータ|
|2→AA|所持パーツ、強化手術、所持金の1/10|
|3→SL|所持パーツ、所持金の1/10|
|3→SL|所持パーツ、所持金の1/10(PSP版も同様)|
|2→AA→3→SL|エンブレムデータ|
|NX→NB→LR|所持パーツ|
|SL→NX→NB→LR|エンブレムデータ|
|SLP→LRP|3P・SLPのPSP版追加パーツ|

''注意点''
-PP単体では初代の隠しパーツが入手できず、強化人間にもなれない。どちらも初代から引き継いで来る必要がある。
--MoAでも強化人間になれないため、初代または初代のデータを引き継いだPPからの引き継ぎが必要。
MoAでも強化人間にはなれないため、初代か、初代のデータを引き継いだPPからの引き継ぎが必要。
-AAも単体では強化人間になれないため、2からの引き継ぎが必要。

-NX→NBの引継ぎは''致命的なバグがあり、新規パーツの新型爆雷ミサイルが入手できなくなる上に、引き継いだもの以外の元店売りパーツはどうやっても入手できない''。
--新ミサイルは諦めることになるが、店売りパーツをすべて買ってから引き継ぐことで被害を最小限に抑えることが出来る。
----

以後、本項では「初代」「2」「3」のいずれかを選択したことを前提として、「アーマード・コアというゲームの基本的な遊び方」について説明していく。

----
**ゲーム開始直後の指針 [#cff010c2]
ゲームを起動すると、フロムのロゴが表示された後、ムービーデモが始まることだろう。どれもその時代の最先端クオリティなのでじっくり堪能してほしい。~
タイトル画面に変わったのならば、まずはNEW GAMEを選択しよう。~
各種設定とレイヴンネームの入力を求められるが、これらは''全て後から変更できる''ので、適当に入力しても構わない。~
ゲームを起動すると、フロムのロゴが表示された後、ムービーデモが始まる。どれもその時代の最先端クオリティなのでじっくり堪能してほしい。
タイトル画面に変わったら、まずはNEW GAMEを選択しよう。各種設定とレイヴンネームの入力を求められるが、これらは''全て後から変更できる''ので、適当に入力して構わない。
ストーリーデモの後、早速メインメニューを……ん?


''「なんかいきなり戦闘が始まったんだが?」''~
''「なんかいきなり戦闘が始まったんだが?」''
''「残念だが、チュートリアルなど当時のACワールドに存在しないんでな。死んでもらおう」''


今のご時世から考えると隔世の感がある。フロムは随分と優しくなったものだ……。~
初っ端から始まる''『レイヴン試験』''は、最初のミッションというにはどれも難易度が高め。~
複雑な操作もあって、ここでつまづく人もいるかもしれないが、これは誰もが通った道。なんとか突破してほしい。~
敵の攻撃はそこまで激しくないので、まずは機体の視点を動かし、敵をロックオンするところから始めてみよう。~
下手に攻撃をよけようとすると敵を見失い、かえって被弾が増えやすい。ロックオンしたら動かず、攻撃ボタンを押して撃破に専念しよう。~
今のご時世から考えると隔世の感がある。フロムは随分と優しくなったものだ。
初っ端から始まる''『レイヴン試験』''は、最初のミッションというにはどれも難易度が高め。
複雑な操作もあって、ここでつまづく人が続出するだろうが、誰もが通った道である。全く悲観することはない。
敵の攻撃はそこまで激しくないので、まずは機体の視点を動かし、敵をロックオンするところから始めてみよう。
下手に攻撃をよけようとすると敵を見失い、かえって被弾しやすい。ロックオンしたら動かず、攻撃ボタンを押して撃破に専念しよう。


晴れて試験に合格したら「''メール''」に目を通し、世界観に浸りつつ気分を高揚させよう。~
その後は早速ミッションを受諾したいところだが、まずは「''ガレージ''」へ。各種設定を見直すと共に、テストモードで機体操作に慣れておくことをお勧めする。~
晴れて試験に合格したら「''メール''」に目を通し、世界観に浸りつつ気分を高揚させよう。
その後は早速ミッションを受諾したいところだが、まずは「''ガレージ''」へ。各種設定を見直すと共に、テストモードで機体操作に慣れておくことをお勧めする。
ガレージを少し見渡せばレイヴンネームと機体名は独立していることが分かるはずだ。愛機に思い思いの名前を付けてあげよう。

***初期機体の改良 [#t5939aea]
ゲームスタートに伴い、プレイヤーにはレイヴン試験でも使用した初期ACが無償で与えられる。~
''フレームと武装に関してはそこそこ''の性能だが、''ブースタ・ジェネレータ・ラジエータの3つ(「内装」。初代はラジエータが無いのでブースタとジェネレータの2つ)は非常にお粗末''。~
出来る限り早急に買い替えたいが、金がない。だが財テクを駆使すれば何とかなる。~
ゲームスタートに伴い、プレイヤーにはレイヴン試験でも使用した初期ACが無償で与えられる。
''フレームと武装に関してはそこそこ''の性能だが、
''ブースタ・ジェネレータ・ラジエータの3つ(「内装」。初代はブースタとジェネレータの2つ)は非常にお粗末''。
出来る限り早急に買い替えたいが、お金がない。だが財テクを駆使すれば何とかなる。

-''初代~SLの場合''
--''パーツの売却価格は購入価格と等しい''。つまりいくらでもやり直しはきくので、ひとまずコア以外の全てのパーツを売却する。~
「最安価の逆関節脚部」「それぞれ最安価の頭部・通常腕・FCS・ラジエータ・背部レーダー・右腕用ライフル・左腕用レーザーブレード」を購入。~
資金が少し余る筈なので、予算内でブースタとジェネレータを1ランク上のものに交換する。
---逆関節は消費ENが低く、なおかつニ脚とほぼ同じ操作性であるため操作入門に最適。低めの防御力も序盤のミッションなら問題ない。~
もしくは最安値のタンク脚でもいい。動きが鈍いが頑丈で、尚且つブースタが既に内蔵されているため、ブースタ分の資金で他を更に強化出来る利点がある。
---3では再安価フロートMLR-MX/QUAILもよい。フロート特有のクセはあるが機動力は高い。防御力や積載量が気になるが序盤戦なら必要充分。
--''パーツの売却価格は購入価格と同じ''。つまりいくらでもやり直しはきくので、ひとまずコア以外の全てのパーツを売る。
「一番安い逆関節脚部」「それぞれ一番安い頭部・通常腕・FCS・ラジエータ・背部レーダー・右腕用ライフル・左腕用レーザーブレード」を購入。
お金が少し余る筈なので、予算内でブースタとジェネレータを1ランク上のものに交換する。
---逆関節は消費ENが低く、ニ脚とほぼ同じ操作性で操作入門に最適。低めの防御力も序盤のミッションなら問題ない。
もしくは最安値のタンク脚でもいい。動きが鈍いが頑丈で、尚且つブースタが既に内蔵されているため、ブースタ分の資金で他を更に強化出来る。
---3では再安価フロートMLR-MX/QUAILもよい。フロート特有のクセはあるが機動力は高く、ブースタも内蔵済み。防御力や積載量が気になるが序盤戦なら必要充分。
---ミサイルは初期段階ではあえて使う事はない。ライフルとブレードのみで十分対応できる。
--3・SLではアリーナ最下位の相手を倒すと、3ではさらにACテスト1でAランク以上をマークするとそれぞれ褒章パーツがもらえる(''通知メールを読む事'')。売り払えばかなりの額になるので、更に内装を強化したり、ミサイルを再購入するのもいい。
--2ではテストモード内で入手できるパーツが隠されている。3・SLではアリーナ最下位の相手を倒すと、3ではさらにACテスト1でAランク以上をマークするとそれぞれ褒章パーツがもらえる(''通知メールを読む事'')。売り払えばかなりの額になるので、更に内装を強化したり、ミサイルを再購入するのもいい。

-''NX・LRの場合''
--''初期パーツが売却不可、使用・チューン済みパーツの売値は買値の75%''と、前述の強化方法は使えない。~
--''初期パーツが売却不可、使用・チューン済みパーツの売値は買値の75%''と、前述の強化方法は使えない。
幸い作戦報酬が高額化しており、前金報酬も多いため、初代~SLよりも金は貯まりやすい。
--LRでは初期パーツのチューンを忘れないように。
--注意しなければならないのは''熱量''。考えなしにパーツを組み合わせるとまともに動けなくなってしまう。アセンブルガイドを見て勉強してほしい。


どちらの場合でも''レーダー''の装備を忘れないようにしたい。これがあるとないとでは難易度が完全に違ってくる。~
どちらの場合でも''レーダー''の装備を忘れないようにしたい。
これがあるとないとでは難易度が完全に違ってくる。

----
**ゲーム序盤の立ち回りについて [#vaac0bf7]
クライアントと契約し任務を遂行する''ミッション''、敵ACと一対一の真剣勝負を行う''アリーナ''で稼いだ資金を元に新しいパーツを購入、機体を強化していく。~
クライアントと契約し任務を遂行する''ミッション''、敵ACと一対一の真剣勝負を行う''アリーナ''で稼いだ資金を元に新しいパーツを購入、機体を強化していく。
時にはミッション中、ないし報酬として直接入手するパーツもあり、アリーナの褒章としてもらえるパーツも存在する。
なお、初代とAAにはアリーナが存在しない。

-選べる依頼は複数あると思うが、基本的にどれを選んでも構わない。ただしLRから始めた場合、「管理局強行偵察」だけはヤメテオケ。
-戦闘中は、画面右上のレーダーを見て敵の位置を確認したら、エネルギー切れを起こさないよう注意しながら接近し、''一機ずつ確実''に片付けていく。~

***お金を稼ぐには [#o24058b7]
ミッション終了後に表示されるリザルト画面では、収支報告や、3以降ではミッション内容に応じた評価を知ることが出来る。~
……と思いきや、所持金が思ったより増えていない、むしろ減ってる? と面食らう人もいるだろう。~
そういう人は、まずそのミッションでの自分の立ち回りをよく思い出してほしい。所属組織はあくまで斡旋団体。機体の修理費や使用した弾薬費は全て自分で払わなければならないのだ。~
ミッション終了後に表示されるリザルト画面では、収支報告や、3以降ではミッション内容に応じた評価を知ることが出来る。
……と思いきや、所持金が思ったより増えていない、むしろ減ってる? と面食らうこともあるだろう。
所属組織はあくまで斡旋団体なので、機体の修理費や使用した弾薬費は全て自分で払わなければならないのだ。ミッションでの自分の立ち回りをよく振り返ってみよう。

-''弾薬費''がかさんでしまった人は、ミッション中、どの武器を主に使っていただろうか?
-''弾薬費''がかさむというのなら、ミッション中、どの武器を主に使っていただろうか?
--序盤であれば、大抵は右腕銃か、背中のミサイルではないだろうか。ACシリーズでは、パーツだけでなく武器の弾一発一発にも値段が設定されている。よって報酬が高額になり、資金が潤沢になった中盤以降はともかく、資金に乏しい序盤ではできるだけ無駄弾、もしくは一発が高価な武器の使用は控えたい。特にミサイルはなかなか高価だ。
--そこで活躍するのが左腕のレーザーブレード。敵に近づかないと使えないが、威力が比較的高く、弾薬費もかからない、貧乏人の強い味方。狙える時は積極的に斬ることを心がければ、出費を抑えられる。
--操作に慣れてきたら''弾薬費がかからないエネルギー(EN)武装''の装備も検討したい。更に金を稼ぎやすくなるが、EN管理が出来ないうちは素直に使用を控えよう。
-''機体修理費''が真っ赤な場合。こればかりは操作に慣れるしかないが、いくらかその他の面でカバーすることは出来る。
--''機体修理費は機体構成パーツの合計額によって決まる''。安いパーツで機体を構成したり、不必要な装備を外しておけば回避がおぼつかなくても修理費は安くなる。脚部を安いタンクに買い替えればブースタを売れる(タンクはブースタが内蔵されている)ため、資金に余裕が出る。更にタンクはあまり動き回らないため、照準移動に集中しやすく、更に脚部の系統の中で最も頑丈という長所がある。EN武装と合わせればミッションでも安心だ。
--''機体修理費は機体構成パーツの合計額によって決まる''。安いパーツで機体を構成したり、不必要な装備を外しておけば回避がおぼつかなくても修理費は安くなる。
---脚部を安いタンクに買い替えればブースタを売れる(タンクはブースタが内蔵されている)ため、資金に余裕が出る。更にタンクはあまり動き回らないため、照準移動に集中しやすく、更に脚部の系統の中で最も頑丈という長所がある。EN武装と合わせればミッションでも安心だ。

もし所持金がマイナス、つまりは借金を背負ってしまった場合でも安心して欲しい。~
新たにパーツを買うことは出来なくなり、3系ではアリーナにも出場できなくなるが、ゲームは続行出来る。~
もし所持金がマイナス、つまりは借金を背負ってしまった場合でも安心して欲しい。
新たにパーツを買うことは出来なくなり、3系ではアリーナにも出場できなくなるが、ゲームは続行出来る。

ちなみに''隠しパーツは売ってもすぐに買い戻せる''。使わないと感じたらさっさと売り払って運転資金に回そう。~

赤字がかさみ、どうしても続けられないと判断したら、潔く最初からやり直すのも手。~
「初代」と「2」なら、赤字が50000cを越えると''強化人間手術''が行われた後に最初からやり直しになる。回数を重ねるごとに便利な特殊機能が付与されていくので、どうせやり直すならここまで突っ走ってもいい。~
ただし一度強化人間になると、そのデータでは二度と真人間に戻ることはできない。対戦では強化禁止が基本なので、ご利用は計画的に。


***カスタマイズの指針 [#y8a1fd56]
ある程度強化が済んで操作に自信も出てきたら、ミッション内容、もしくは自分の趣味に合わせてパーツを換えていけば良い。

機体強化はまずジェネレータ、次にブースタを優先する。N系ならラジエータも忘れずに。~
ジェネレータは出力と要領のバランスが良いものを。ブースタは自分の操縦テクニックに応じて出力重視か燃費重視を選ぶ。~
機体強化はまずジェネレータ、次にブースタを優先する。N系ならラジエータも忘れずに。
ジェネレータは出力を優先する。ブースタは、最初のうちは出力とEN消費のバランスがとれたモデルがいいだろう。

その後は武装とFCS、フレームパーツを順々に買いそろえていこう。~
その後は武装とFCS、フレームパーツを順々に買いそろえていこう。
再安価のフレームパーツはどれも意外に使いやすいので、優先順位は後回しに出来る。
頭部パーツを買い替える際にはレーダーやセンサーなどの機能に注意したい。どの作品でも、オートマッピング機能とバイオセンサーを持った物を優先するといい。

NX・LRで機体をカスタマイズする場合、テストモードを活用しよう。一度出撃してしまうとパーツが中古扱いになってしまうが、テストモードであれば新品のまま。~
NX・LRで機体をカスタマイズする場合、テストモードを活用しよう。
一度出撃してしまうとパーツが中古扱いになってしまうが、テストモードであれば新品のまま。
パーツチューンも大切だが、一度でもこれを行うとパーツは使用済み扱いになる。更にNXでは一度フルチューンしてしまうと買い直すまで変更できなくなるので注意。

より詳しくは[[別考>アーマード・コア シリーズ/AC若葉講座 PS・PS2タイトル編/ACアセンブルガイド PS・PS2編]]にて。

***ミッション・アリーナで詰まったら [#k12e9b21]
ミッションがクリアできないのであれば、身も蓋もないが少しそのミッションから離れてみることをお勧めする。~
アリーナを進めたり、いっそのこと他のゲームで気分転換を図るのもいいだろう。数日ぶりにプレイするとあっさりクリアできた! ということはよくある。
***ミッションで詰まったら [#b1cffc3d]
ミッションがクリアできないのであれば、身も蓋もないが少しそのミッションから離れてみることをお勧めする。
アリーナを進めたり、いっそのこと他のゲームで気分転換を図るのもいいだろう。
数日ぶりにプレイするとあっさりクリアできた! ということはよくある。

ACシリーズでは大抵の場合、ミッションはスルーしても問題ない(=失敗してもゲームオーバーではない)。二週目以降に改めて挑むのも手。~
ただし特定のミッションでは失敗即ゲームオーバーとなる。また、LRは全ミッションを通して失敗は許されない(ただしすぐにリトライ可能)。
~
時間優先のミッションでは軽量2脚や中量2脚、被弾が多くなる狭い駐車場や洞窟では重装甲のタンク脚、水上ではフロート脚。''場面に合わせてアセンブルすれば難易度が激減する。''~
特に変なこだわりを持ったアクションゲーマーにありがちなのだが、初回プレイの時点で「この機体・武装以外は使わず、自分の信じた一機のみで進めたい」という人がいる。それでも楽しければいいが、そんな人の大半はやがてゲーム自体が苦痛になってしまうだろう。
ACシリーズは「カスタマイズ」「メカ」「アクション」。操縦技術の向上はもちろん大切だが、状況に応じた機体調整も同じくらい大切だ。
がむしゃらに同じアセンブルで特攻を繰り返すのではなく、予算の許す範囲で武装やフレームを変えながら挑戦してみよう。

アリーナの強敵についても、やはりミッションをプレイするなどして少しアリーナから離れてみることをお勧めする。~
アリーナでは、それまで戦ってきた相手とは一段上の実力を持った「初心者キラー」が突然出てくる場合が多い。こうした初心者キラーは確かに強いが、弱点さえ見切ればあっさり勝つことが出来るように設定されている。例を上げると…
ACシリーズではLRを除いて、大抵の場合はミッションをスルーしても問題ない(=失敗してもゲームオーバーではない)。二週目以降に改めて挑むのも手。
LRは全ミッションを通して失敗は許されず、他のシリーズでもシナリオ上クリア必須のミッションがいくつか存在する。失敗するとゲームオーバーとなり、直近のセーブデータからやり直しになる。
あまりに赤字がかさむと、こうした必須ミッションを攻略する機体を調達できず、詰む場合もある。どうしても続けられないと判断したら、潔く最初からやり直すのも手。

「初代」と「2」なら、赤字が50000cを越えると''強化人間手術''が行われた後に最初からやり直しになる。
回数を重ねるごとに便利な特殊機能が付与されていくので、どうせやり直すならここまで突っ走ってもいい。
ただし一度強化人間になると、そのデータでは二度と真人間に戻ることはできない。対戦では強化禁止が基本なので、ご利用は計画的に。


***アリーナのあいつが倒せない! [#m18cf753]
アリーナの強敵についても、やはりミッションをプレイするなどして少しアリーナから離れてみることをお勧めする。
アリーナでは、それまで戦ってきた相手とは一段上の実力を持った「初心者キラー」が突然出てくる場合が多い。
こうした初心者キラーは確かに強いが、弱点さえ見切ればあっさり勝つことが出来るように設定されている。例を上げると…
-2・ヴァッハフント:武器腕マシンガンが脅威だが、弾切れしやすい。
-SL・ギムレット:ミサイルと武器腕マシンガンの欠点を見切れば楽勝。
~

とにかくプライドは抜きでいいからアリーナを勝ち抜きたい! という人への禁断の戦法。~

とにかくプライドは抜きでいいからアリーナを勝ち抜きたい! という人への禁断の戦法。
高積載量のタンクにとにかく防御力が高いパーツと、チェインガン・グレネードランチャー等の高火力武装、防御用に火炎放射器とシールドを積む(いわゆる「ガチタン」を組む)。
対戦マップは地下駐車場等の天井が低いマップを指定。試合開始後はマップの隅に引っ込み、近づいてくる相手をとにかく撃つ。~
それでも勝ちにくい相手はいる(月光とか光波とか)が、これで大体のランカーは倒せる筈だ。~
対戦マップは地下駐車場等の天井が低いマップを指定。試合開始後はマップの隅に引っ込み、近づいてくる相手をとにかく撃つ。
それでも勝ちにくい相手はいる(月光とか光波とか)が、これで大体のランカーは倒せる筈だ。
無論、ゲームは単調な作業になり、腕の上達も妨げるため、「とにかく勝ちたい」という場合に……。


----
[[アーマード・コア シリーズ]]