FrontPage ソウル シリーズ/Bloodborne

Bloodborne/獣狩の銃器

工房の狩り武器

獣狩りの短銃

狩人が獣狩りに用いる、工房製の銃
獣狩りの銃は特別製で、水銀に自らの血を混ぜ
これを弾丸とすることで、獣への威力を確保している
また、短銃は散弾銃に比べ素早い射撃が可能なため
迎撃などに適する

獣狩りの散弾銃

狩人が獣狩りに用いる、工房製の銃
獣狩りの銃は特別製で、水銀に自らの血を混ぜ
これを弾丸とすることで、獣への威力を確保している
また、衝撃により獣のはやい動きに対処する部分も大きく
特に散弾を用いるこの銃は、当てやすく効果が高い

大砲

かつて医療教会の工房が試作した大型銃
設置型の大砲を、そのまま手持ち銃としたような代物であり
バカげた重さ、反動、また水銀弾の消費量により
当時、実用化されるはるか前に廃棄されてしまったもの
だが、絶望的な大敵に対するならば…

ガトリング銃

古狩人デュラが旧市街で用いた設置型機関砲
これを手持ちできるように無理矢理に改造したものであり
デュラの三人の仲間、最も若い一人が用いたという
極めて高い連射性能を持つが
ごく重く、また水銀弾を急激に消費する
扱いの難しい武器と言えるだろう

ガラシャの拳

指を差し込む穴が開いただけの鉄塊
大柄な女狩人、のろまのガラシャの特殊な狩り武器
銃を使えぬ彼女は、この鉄塊でただ獣に殴りかかり
だが大きくよろめかせたという
その様はある種英雄的で、彼女は凄まじい狩人だった
故にその武器は、ずっと彼女の名で呼ばれている

獣狩りの松明

長い棒の先に、松脂に浸した布きれを巻きつけたもの
かつて旧市街で用いられた
獣を焼き、また獣の罹患者を焼くために調整されており
獣に対しても炎のダメージ効果が高い

松明

長い棒の先に、松脂に浸した布きれを巻きつけたもの
ごくありふれた松明である
狩人の狩りはしばしば暗所で行われ、松明の明りが役に立つ
またある種の獣は、病的に火を恐れることが知られている

木の盾

獣狩りに蜂起した群衆が使用した、粗末な木の盾
基本的に、狩人は盾を用いるものではない
なぜなら、獣の膂力に対し、それはあまりにも無力なのだ
盾はよい。だが、過信することなかれ

教会の狩り武器

教会の連装銃

特に医療教会の狩人が用いる連装銃
ほぼ金属製で、複雑な機構を有するこの銃は
一射撃で二発を発射し、水銀弾の消費も早い
工房の銃よりも慎重な、切り札的な運用が必要になるだろう

ルドウイークの長銃

特に医療教会の狩人が用いる長銃
教会の最初の狩人、ルドウイークが用いたことで知られ
長く重い砲身は、速射性を犠牲に射程距離を高めるものである
ルドウイークを端とする医療教会の工房は
狩人に、老ゲールマンとは別の流れを生み出した
より恐ろしい獣、あるいは怪異を狩るために

貫通銃

工房の異端「火薬庫」の前身となる一会派
オト工房の手になる長銃
狭く細い街路での狩りを想定し
銃弾の貫通性能に特化した調整がなされており
一方で迎撃などには適さない

教会砲

医療協会の用いる大型銃。大砲の一種
曲射と、着弾における爆発が特徴となる
元々、脳の麻痺した大男たちの使用を想定した者であり
尋常な人の狩人では扱うことは困難である
だが結局大男たちも、火器を扱う知性を持たず
この武器は呆気なく死蔵されたという

火炎放射器

医療教会の一部が用いる特殊銃器
血の混じった水銀弾を特殊な触媒とし、高熱の火炎を放射し続ける
決して効率のよい武器ではないが、時に炎の海が必要なこともある
なによりヤーナムは、不浄な獣に満ちているのだから

ロスマリヌス

医療教会の上層、「聖歌隊」が用いる特殊銃器
血の混じった水銀弾を特殊な触媒とし、神秘の霧を放射し続ける
歌声と共にある神秘の霧は、すなわち星の恩寵である
「美しい娘よ、泣いているのだろうか?」

湖の盾

青いガラスを被覆した工芸の盾
医療教会の特殊な儀式において、儀式者を守るために用いられ
その後、特にイズの地下遺跡に潜る、墓暴きたちに与えられた
その青は湖を模したもので、物理以外のダメージカットが高い

血族の狩り武器

エヴェリン

カインハーストの騎士たちが用いた独特の銃
水銀の弾丸を用いることでは工房の銃と変わらないが
カインハーストのそれは、より血質を重視する傾向がある
女性名を冠されたこの銃は、意匠にも凝った逸品であり
騎士たちによく愛されたという