小説/長編

Written by 雨晴


『君が、ランク9の?』

橋上を疾走する白のネクストの横につけると、直ぐに通信が繋がれた。目礼。

「はい。宜しくお願いします、ジェラルド・ジェントリン。こちらはストレイド、ハイン・アマジーグ」

そう伝えても、特に大きな反応は無い。上位クラスのリンクスならば、もう情報が回っていてもおかしくは無いか。構わないが。

『ジェラルドで構わない。こちらはノブリス・オブリージュ。君の戦績は聞いている』

お互い全力を、その言葉に同意する。

「アルテリア・カーパルス目視、ストレイド停止。戦闘準備」

プライマルアーマー展開、ジェネレーター正常稼働中、全兵装異常無し。
各関節異常無し、各ブースター異常無し。FCS起動。

『・・・防衛部隊が、全滅?』

20秒足らずでか?ジェラルドが信じられないという口調で話す。若干同意する。
アルテリアはクレイドルの要諦。そう簡単に突破できる防衛戦力が配備される筈が無い。それを、20秒。
ORCAは、やはり口だけではないと言うことか。

『ノブリス・オブリージュ。敵イレギュラーを排除する』

先に行くぞと言わんばかりにオーバードブーストを用いて前進する白を見ながら、一つ息を吐く。メインブースター起動、前進。

『本当に、こちら側で良いんだな?』

セレンの声に反応する。笑みが漏れた。

「これが私の答えです。心配して下さらなくても結構ですよ、セレン。もう迷いません」

一瞬の沈黙。そうか、ならば。彼女が息を吸い込んだ。
 
『お前も行け!』
「―――了解」

オーバードブースト起動。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『二機か。警告はした筈だが』

敵機より通信。女性?

『舐められたものだな、私とアステリズムも』

知ったことではない。遠方より高速弾、回避間に合わず。レールキャノンか。問題無し、接近。オーバードブースト解除。
距離500、敵機は早い。高出力のブースターが、軽量機と思われるそれを前後左右に押し出している。
ノブリス・オブリージュは中距離戦志向。援護が必要とは思わない。ローゼンタール最精鋭、良い動きをする。
まあ、いずれにしても私にあるのは接近戦のみ。ならば、前進だ。攻勢。
クイックブースト連続使用。久しぶりに味わう実機の感触。敵機よりミサイル、迎撃。排除。
同時にアサルトライフル起動、マシンガンよりミサイルを展開、射出。命中せず。
連続クイックブーストで、速度は1500を超えていた。バックブーストからクイックターン、後ろを取る。

―――ッ!

取ろうとした後ろが、既にこちらを向いている。それどころか、レーザーライフルの銃口までもこちらを向いている。
乱数回避、距離400、敵機下方、アサルトライフル射撃。敵機回避。当たらない。
敵機ミサイル射出、複数。避けろ、意思に体が反応する。何とか海面に叩きつけた。
一息。

成る程、これがORCAの。
乱れていた呼吸を意識して戻す。オーバードブースト、一時退避。防壁の向こう側へ飛び出す。
目を閉じ、意識を集中させる。思い出せ、ハイン。
父の声が、聞こえた気がした。
 
 
 
 
テルミドールは、黒のネクストには気をつけろと言っていた。
ラインアークの生き残り。他のリンクスとは違う、と。
だが。

「どうした?」

大した敵とは思わない。

「ラインアークの生き残りなのだろう?」

確かに早い。が、それだけだ。悪いが、それだけではアステリズムには当たらない。
逃げていく黒を追いかけることは無い。白に襲い掛かる。
ジェラルド・ジェントリン。私がよく知っている男。
だとしても、今は敵だ。

『っ、早い!』

そうだろうとも。ライフルの正確な照準がアステリズムに被弾させるが、致命傷になどならない。
白の射撃が止む。羽のように背に背負った、巨大な砲の準備が始まった。
レーザーキャノンは展開に時間が掛かる。射撃までも。当たらないさ、そんなものは。
回りこんで、近距離戦。ハイレーザーライフルを用いる。命中。もう一発、そう思ったところで、レーダーが敵の接近を捉えた。

また来たか、そう思い、そのままハイレーザーライフルを構える。FCSのロックが追いつかないほどのクイックブースト。
オーバードブーストを併用し、恐ろしいとまで言える高速接近。
気付けば、黒が目前に居た。

「チッ」

ゼロ距離放たれたグレネードが直撃する。よろめき、立て直しを図る。コンマ5秒、そんな世界。
その世界の中で、黒が翻った。サイドクイックブースト。
気を取られた途端、目前が光に染まる。レーザーキャノンの直撃。

「・・・やるじゃないか」

即席チームにしては良い連携だ。だが、もう同じ手は食わない。そう思ったところで、黒が視界に現れた。
どこから、その疑問が浮かんだと同時、マシンガンの全力射撃が来る。
応戦。だが、近すぎる。
バックブースト、クイックブースト。相手を引き離そうと努力する。引き離せない。
飛翔、3次元機動での回避。それさえも、相手はついて来る。先とは違う、黒の速さ。

他の奴とは違う。テルミドールの言葉が頭によぎった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一度懐に潜り込んだならば、決して振り払われてはならない。極至近距離戦闘を主眼に置くならば、それは鉄則中の鉄則だ。
隙を伺い、相手の背から入る。そして食らい付け。
それは、父の言葉。今の私なら、あの人をこの場へ連れてくる事が出来る。
私には、答えがある。あの人に臆することなく、それを口にすることが出来る。

相手は速い。だが速さならば、こちらも負けない。噴射角と出力を調整し、未来予測を絡めて距離200から250を維持する。
徹底的に維持しろ、プライマルアーマーを弾き、直接叩き込め。
相手がミサイルで応戦しても、関係無い。多少の被弾は気にしない。

モーターコブラ、リロード良し。射撃。マーヴ起動。
ただこの位置を、この位置からの射撃を。離れるな、決して。
マーヴの弾丸数発命中。まだまだ、こんなものではない。

近距離戦。それしか能の無いと言っていたのは、父も同じだ。それでも父は強かった。
ならば、私も。
武装はバルバロイのショットガンやアサルトライフルではない。シミュレーターで教わったのは、それだった。
だとしても、近距離兵装だということに違いは無いだろう。あの頃と、きっと同じだ。

敵機の回避も中々早い。モーターコブラのサイティングが追いつかなくなった。ミサイルへ切り替え、射出。
数回連続で射出し、弾幕を張る。敵機に怯む気配無し。
敵機反撃、距離を保ちつつ下方へ回避。だが射線が安定しない。焦っているか?
敵の反応を見るために、1度かなりの近距離へ踏み込む。先よりも反応が鋭いようで、対応は雑だ。

好都合。

モーターコブラ起動、そのまま敵機を一気にパスし、真正面から向き合う。
回避方向は、右方。マシンガンをノーロックで射出し、進路を塞ぐ。さて、上か、下か。
下、敵機自由落下選択。追従、ライフル継続射撃、敵機回避、しかしそれは、想定内だ。
グレネード展開、予想方向へ射出。直撃せず、しかし爆風に巻き込まれる敵機。そのままミサイル射出、あぶりだす。

右腕、左腕兵装起動。
ノブリス・オブリージュ視界内。レーザーキャノン展開を確認。頼れる。
マーヴ、モーターコブラをノーロック射撃、調整し、敵機を誘導。ここだ。再びパスし、相手の行き先をミサイルで封じる。
仕留めろ、ノブリス・オブリージュ。同時、光条が来る。
僚機レーザーキャノン射出を確認、命中。

『私か、侮ったのは』

敵ネクストより通信。

『すまんな、皆。最早、共に成就は叶わん』

敵ネクスト反応消滅。戦闘終了。

『敵ネクスト、撃破を確認。終わりだな』

プライマルアーマー、AMS接続解除。

『このクラスのネクストが動くとは。反働家どもめ、何を考えている』

何を考えているか、その言葉に、あの無人兵器を思い出す。
彼らが戦うのは、彼らが抱く正義の為だ。テルミドールは、否定したけれど。あれも、正義だ。
だが。

「帰還しましょう、ジェラルド。他のアルテリア施設の動向も気になります」
『ああ、そうしよう。助かった、ハイン・アマジーグ。その動きは、あのランク9には相応しい』
「私も助かりました、ジェラルド。敵機の懐に入り込めたのは、貴方のおかげです」

だが、彼らのそれが正義だとしても、もう私は靡かない。
ただ自分の選んだ答えに従するだけだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「やはりこちら側についたか、あの男」
「これで貴様の思い通りか?王大人」

ウィン・D・ファンションが鋭い視線を浴びせ、しかし初老は意にも介さない。

「主要アルテリア施設の内、無傷で取り返せたのはカーパルスくらいだ。礼を言わねば」
「・・・誰にだ」

決まっている、と初老。

「アマジーグの養子と、リリウムにな」

視線が更に鋭くなり、刺すようなそれに変わる。

「貴様、人を弄ぶのも大概にしておけ」
「弄んでなど。管理しているだけだ」

ウィン・D・ファンションの拳が握られる。暴発しそうなそれを、理性で鎮めた。

「力を持つ者は管理されなくては。かつてイクバールに管理されたマグリブの、或いはその英雄のように」

わざわざそれを例えとして持ち込んでくる初老の精神構造に、理性のタガが外れそうになる。
拳を握り締めたまま一歩踏み込んだところで、肩を掴まれ遮られた。

「また悪巧みか?王大人」
「・・・お前か、ロイ・ザーランド」

ロイ・ザーランドが全く、と呆れたような表情をわざとらしく演出する。

「この前も言っただろ?人のプライベートな部分に踏み込むべきじゃないって。さもないと」

そう言って、彼の目付きが変わる。いつものとぼけた表情でも、目付きでもない。
いつかハインの見せたような。

「撃ち殺すぞ、王小龍」

言って、懐からオートマチックを取り出す。ウィン・D・ファンション越しに、王小龍の頭をサイティングする。
廊下には3人しか居ない。騒ぎは起きない。王小龍が、口元を歪めた。笑みに近い表情。

「残念だが、迫力が足りないな。ロイ・ザーランド」
「そうか?」

ああ、と一言。無表情へと戻る。

「あの時のハイン・アマジーグのほうが、まだ良い顔をしていた」

王小龍が銃口を気にせず、そのまま彼らを無視して歩いていく。
初老にとって、若者がどう思おうが騒ごうが、関係の無い話だ。
彼ら駒をどう配置するか。それだけが王小龍の悩む、唯一の考え事であった。


now:30
today:5
yesterday:2
total:20000くらい+878


コメント



小説へ戻る?